着物を完璧に着こなしましょう|着付けで差をつける

女性

ハレの日には何を着ますか

成人式

初めての着物でも大丈夫

成人式や結婚式のお呼ばれの日にふさわしい着物は、もっとも格調高い装いとされる振袖です。振袖は着たいけれど、慣れていないから不安な人も多いと思います。そんな不安も、注意点をちょっと頭に入れておけば大丈夫です。それには、モデルさんになったつもりで振る舞うとよいでしょう。自然に背筋が伸びて着姿が美しくなります。腰をかけるときにも、背もたれにはもたれかかりません。洋服と違う点は、歩くときの歩幅を狭くすることと、腕を動かすときに二の腕が見えないように、反対の手でたもとを押さえることです。一番気になるのはトイレでしょうか。袖は両袖をくるっと結んでおくか、クリップで留めておきます。裾は基本的にロングスカートをはいているのと同じです。着物の裾をたくし上げて帯締めに挟みます。次に下の長襦袢も、同じくたくし上げて帯締めに挟むのです。そして、長襦袢、着物をすとんと下ろせば元通りになります。

お手軽なレンタルもお勧め

着てみたいと思ったら、自分はこれから何回ぐらい着る機会があるか考えてみてください。数回すぐに思い浮かぶようならば、購入を検討してもよいでしょう。呉服屋さんを選ぶときは、振袖を主流に扱っているお店を選ぶと種類も多く選ぶ幅が広がります。着る機会があまりなさそうならば、レンタルをするという手があるのです。レンタルでは、たいてい肌着から、着付け小物、バッグ、草履がセットになっています。自分で準備をする必要がないので、気軽に振袖の挑戦が可能です。レンタル業者はたくさんありますが、ロングサービスをしているところが大阪にあります。このサービスでは、クリスマス頃から成人式まで借りっぱなしで、何回も着ることが可能です。お住まいの地域でお店を探すとき検索サイトを利用すると便利になります。例えば、大阪なら、北部、南部、東大阪、堺、その他で検索できます。ちなみに、大阪の老舗百貨店にも何店舗か取り扱いをしているお店があるのです。